FC2ブログ

心理カウンセラーのお悩み解消ブログ

心の専門家黒子智代がシンプルで実践的な方法を提案します
-

学校心理カウンセラー研修2日目

本日のカリキュラムは

●午前 自律性と社会性スキルの発達

●午後 学校におけるカウンセリングの実際 ~学校にしかできない不登校支援~




昨日は、原稿の締め切りで寝る頃にはうっすらと明るくなってきて・・・さとと-太陽

朝から研修があるのに目がさえちゃってホントに困りました。

研修中も眠くなるかなと思いきや、全く眠くならず瞳はらんらん顔(きらきら)


学べば学ぶほど、知りたかった情報や新たな考え方法などに触れ

嬉しくって仕方ないさとと-キラキラピンク(寝てないからヘンにハイテンション?)


常々、こころの奥底から考えていたことの裏づけというか

それが本来するべきことだと分って、胸がスーーっとしました。



個人の特徴を伸ばしながら、社会性を身に付けられるよう

ワクにはめやる気を促すことで、本人が自分らしく自由になれる。

自由には責任も着いてくる。これを知ってもらいたいな。




そして午後から、事例をもとにグループでアイディアをだす事例検討会の進め方

を実践しました。

なかなか意見が出なかったり、だらだらと時間がすぎて

結局、状況を把握するところで終わることもあるのですが、電通が行っている

『発想法』で、ほんとに沢山のアイディアが出ました。


2009_0806学校心理カウンセラー0002

◆とにかくアイディアを付箋に書きまくり、用紙に貼り付ける

2009_0806学校心理カウンセラー0001

◆カテゴリごとに分類し、自分が良いアイディアだと思ったものに印をつける




時間もきっちり35分でグループ発表までできて、時間を効率的に使え

尚且つ、1つの事例におおよそ100のアイディアがでるなんて素晴らしい~!




そして、アイディアはでたけれどそれが正しいかどうかわからないという

質問がでましたが、講師の先生は


『正しい答えなんてない。それが正しかったか教えてくれるのが事例

対応する子どもが教えてくれる。そのアイディアが正しければ子どもは

よくなっていく。上手くいったことを続け、またプラスしていけばいい』



と、おっしゃいました。




確かにそうです。正しい答えなんて今は分りません。


試してみて結果どうだったか、それからしか分らないですよね!


知識欲が満たされ、全然疲れを感じないきゃー


明日が最終日ですが、またまた楽しみであります。




該当の記事は見つかりませんでした。